法の職業で最も価値があるもの

日本にはさまざまな法律があり、社会はすべて法によって動かされています。
国民同士のトラブルも、基本的にはすべて法に従って判断し、解決をしていきます。
これを裁判といい、弁護士という法律の専門家を頼った上で一緒に行います。

弁護士は、法に関するすべての業務を行える特権的な職業です。
司法書士や税理士、弁理士の仕事もできるために、職業に就くのが大変難しいことは皆さんご存知でしょう。
それだけに、就いた後には高収入も期待ができる、魅力的な職業です。
法に関する仕事は最も価値が高く、ステータスも高いです。

昔は司法試験に合格さえすれば良かったのですが、現在では法科大学院と呼ばれる場でさらに勉強するのが当たり前となっています。
毎年、さまざまな法律が改正されています。
弁護士になったから勉強をしなくて済む、というのは大きな間違いです。
常に新しい法に対応できるよう、常に法律の勉強を継続していかなくてはなりません。